通信講座のごあんない

通信講座のごあんない

パン レッスン 通信講座
パン レッスン 通信講座

2〜3日たっても柔らかいパン作り通信講座

オンラインで学べる「2〜3日たっても柔らかいパン作り通信講座」は、こんなレッスンです。

パン レッスン 通信講座

  • 無添加の材料で、手ごねで作る『2~3日経っても柔らかいパン作り』は、5,000名以上の生徒さんのこねを見てきて辿り着いた“独自の製法”および“指導法”です。
  • パン作りの工程だけでなく、その工程における意味や自宅で作るパン作りに必要な基礎知識を学ぶことで、しっかりとした応用力も身に付けることが可能です。そのため失敗を回避しやすくなります。
  • 熟練した技術と指導力を持つ講師陣が、柔らかいふわふわのパンに仕上げる方法を適確にお伝えします。
  • 動画でレシピを解説しているから、何度でも見て学ぶことができ着実にスキルが身につきます。
  • 「2~3日経っても柔らかいパン作り」の一番のキモである“生地のこね方”は、特別指導を受けることができます。
  • 課題の提出や質問の回答などを通じて、生徒さんをしっかりフォローし、着実にスキルを身につけていただくことができます。
  • 初級~上級までのレベルアップと技術向上を目的としたレッスンで、コース修了者や他の教室での経験を多く積んでおられる経験者の方には、お好きなメニューを選んで学べるフリークラスも受講可能です。 etc

つぎのような方が学んでおられます

  • パン作りを習いたいけれど、教室に通うことが難しい方
  • 『2~3日経っても柔らかいパン作り』を習いたいけれど、船橋・大阪の教室に通うことが難しい方
  • これまでホームベーカリーや機械ごねでパンを焼いていたけれど、手ごねにチャレンジしたい方
  • 大手パン教室や個人教室で学んでいた経験者の方
  • さらにパン作りについての、知識・技術を深めたいパン教室講師の方
  • パン作りの基礎知識や理論および生地作りの技術を学びたい方
  • ご家族の健康のために、無添加の手作りパンを学びたい方 etc

パン レッスン 通信講座

こんなお悩みありませんか?

  • 本やネットのレシピどおりに作ったのに、おいしくない・・・
  • 焼きたてはおいしいけれど,冷めると固くなってしまうのは仕方ないの?
  • 冷めると固くなっておいしくないので、怖くて人にプレゼントできない…
  • 失敗しちゃったときに、その原因がわからず上達しない、どうして?
  • 毎回レシピどおりに作ってるはずなのに、仕上がりが違っていて安定しないのはなぜ?
  • 家族の健康を考えると、市販のパンを食べつづけるのは将来的にどこか不安… etc

「2〜3日たっても柔らかいパン作り」を学ばれる前の生徒さんは、このような悩みを感じておられました。

パン レッスン 通信講座

しかし「2〜3日たっても柔らかいパン作り」を学んでいくうちに少しずつ上記のような悩みは改善されていき、中級クラスになられる頃には翌日くらいまでなら、どなたでも当たり前のように柔らかいパンを作っていらっしゃいます。

 

パン レッスン 通信講座

また「パン屋さんで買うより自分で作った方がおいしい!」と言えるほどに自信をつけられていくのも講師として大変誇らしく思います。

『パン屋さんのパンよりもお母さんが作ったパンの方が柔らかくて美味しい!!』とお子さんに言ってもらえるお母さんって素敵だと思いませんか?

 

パン レッスン 通信講座

もしあなたが、ご自分のパンをこれまで以上に美味しいものにしたいとお考えなら、しかも、無添加でありながらパン屋さんに負けないふわふわなパンが作れるようになりたいとお思いになるなら、どうか2,3分お時間を取って、これからお伝えすることをお読みください。

読むだけで、あなたのパンがよりおいしくなるヒントを掴んでいただけると思います。

冷めても固くならない、ふわふわパンを作りたい

てごねパン教室Ange 平野宏子はじめまして、パン教室講師の平野宏子と申します。

私は現在、千葉県船橋市で「てごねパン教室 Ange」を主宰し、これまで約10年間で5,000名を超える生徒のみなさんとパン作りを楽しんできました。

 

私がはじめてパン作りを経験したのは、友人にお料理教室の体験レッスンに行こうと誘われたのがきっかけだったんです。

うまくは言えないのですが、遊びに行くくらいの気持ちで経験したパン作りだったはずなのに、やってみると「私はパン作りが得意だ」という不思議な気持ちになりました。

 

その後、お料理教室に入会しレッスンを受けつづけた後、講師になることを決断したときも、私は『パンを作るのが好き』だからというよりも『パン作りが得意』だから仕事にして生徒さんのパン作りをお手伝いしたいと思ったことが決め手でした。

今では、自分が提供したいと思うレッスンを提供し、これまでほんとうに多くの生徒さんが当パン教室でパン作りを学んでくださいました。

 

神様からいただいたこの賜物で、こんなに人に喜んでいただけてお役に立てることが毎日とても嬉しいです。

「先生と出会えて私のパンが全然違うものになりました」や、「子供がパン屋さんで買うよりお母さんのパンの方が美味しいと言ってくれた」など、生徒さんの喜びが私の励みとなっています。

パンが固くなるのは、あなたのせいではありません

パン レッスン 通信講座

パン作りが得意と言い切ってしまいましたが、もちろん私もはじめから「2〜3日たっても柔らかいパン」を作れていたわけではありません。

また5,000人以上の生徒さんを指導してきましたので、パンが思ったように仕上がらないときのモヤモヤしたお気持ちはとてもよくわかります。

  • 「焼き上がったときはおいしいのに、冷めたときに固くなっておいしくないんです」
  • 「レシピどおり作ったのにおいしくない・・・」
  • 「毎回、作るたびに仕上がり状態が違っていて安定しない・・・」

このようなお困りの声を、これまで幾度となく生徒さんから打ち明けられました。

 

しかし私の経験から、パンがうまく焼けないほどんどの原因は“見極め”のタイミングにあります。

 

具体的には

  • 1.水分量の見極め
  • 2.こねの見極め
  • 3.発酵の見極め

です。

パンは、生き物です

パン レッスン 通信講座

いつも同じ安定した仕上がりを求めるのであれば、小麦粉の保存状態・小麦粉の種類、その日の湿度などによっても水分は変わります。

そして、その時の生地状態に合わせて、こね方や扱い方を変えることも必要になります。

そのためパン作りは、レシピ通りに手順を追って作ったとしても必ずしもおいしいパンになるわけではありません。

 

私には3人の息子がおりますが、それぞれに個性があって、その子その子に合わせた考えが必要でした。

パン作りも同じだと私は感じています。

一例として「水分量の見極め」について、ご説明いたします

パン レッスン 通信講座

ご存知のとおり、強力粉はさまざまな種類が販売されており、強力粉によってタンパク質含有量が異なります。

そしてタンパク質含有量が多いほど、水分が必要になります。

 

また、その日の湿度が低ければ空気中の水分を粉があまり吸収しないので、その分多くお水を与えてあげる必要があります

逆に、湿度が高ければ粉が空気中の水分を吸収するので、与えるお水は少し減ります。

 

さらに使用後の強力粉を保存するときにも、湿度は影響を与えています。

強力粉はその日の湿度をも保存し、それが次回のパン作りのときまで持ち越されると私は考えております。

 

そうなりますと、厳密に何ccを投入すればベストな柔らかさになるかは数字で表すことは困難です。

ですので私は、2~3日柔らかさが持続するパン作りに必要な水分を数字ではなく“手の感覚”で、測りながら覚えていただくことを強調してお伝えしています。

 

パン レッスン 通信講座

そのため毎回水分量は変わりますが、仕上がりの状態はいつも同じ状態に作ることが可能になります。

こういったパン作りについての正しい知識を持ち、確かな技術を習得することでパン作りの悩みからは確実に解放されます。

 

ちなみに『知識』・『技術』というと難しく考えてしまいそうですが、私たちはパン屋さんとは違いますので、お家で作ることにおいて最低限必要な知識や技術というのはそれほど多くはありません。

『パン』のことを、今よりも“ほんの少し深く”知ってあげる程度です。

 

パン レッスン 通信講座

そして、お悩みが解消されればパン作りはとても楽しくておいしいものになります。

しかも2~3日は柔らかさが持続する、ほんとうに軽いふわふわなパンがご自分の手で作れるのです。

2〜3日たっても柔らかいパン作りが、ご自宅で学べます!

パン レッスン 通信講座

  • A子さん:「“2〜3日たっても柔らかいパン作り”を習ってみたいけれど、船橋や大阪の教室には遠くて通えないわ…」
  • B子さん:「私も、まだ子どもが小さくて預けられるところもないから通えない…」
  • C子さん:「私は、仕事があるからつづけて通うのは難しいです…」

 

どうぞ、ご安心ください。

 

当パン教室では、Angeのレッスンがご自宅で学べる「通信講座」をご提供しております。

自宅にいながら、あなたのペースで「2〜3日たっても柔らかいパン作り」を学んでみませんか?

 

食べれば一目瞭然!

「今まで作ってたパンは何だったの?」と多くの方が驚かれる“ふわふわパンのヒミツ”を、あなたも身につけることができます!

無添加なのに、2〜3日たっても柔らかいパン

パン レッスン 通信講座

てごねパン教室Angeは、明日も明後日も柔らかいパン作りの技術を求める方のためのパン教室です。

『無添加でありながら、2~3日経っても柔らかいパン作り』をコンセプトに、5,000名を超える指導から生まれた独自の手ごねの技術と指導法によって、現在も毎月100名以上の生徒さんが当たり前のように驚くようなふわふわパンを作られています。

 

ただ手順をご説明するだけでなく「なぜこうするのか?」という必要な知識やコツを学ぶことで、他のメニューにも共通する応用力を身につけ、パン屋さんのパンにも負けないパン作りをめざしています。

まずは、体験レッスン(3,500円)を試してみませんか?

当パン教室では、安心して通信講座を受講していただきたい想いから、まずはすべての方に体験レッスン(3,500円)にご参加いただいております。

実際に「2〜3日たっても柔らかいパン作り」の通信講座を体験していただいたうえで、継続レッスンへの参加をご判断いただければと思います。

コーンマヨブレッド

パン レッスン 通信講座

体験レッスンのメニューは「コーンマヨブレッド」です。

そして教材として「2〜3日たっても柔らかいパン作り」が身につけられるレシピと解説書をお送りいたします。

 

この体験レッスンで「2〜3日たっても柔らかいパン作り」のもっとも重要なベースとなる知識・技術が身につけられるようになっています。

さらに、このスキルを着実に身につけていただけるように、通信講座だけの3大特典をご用意いたしました。

特典1:スマホで学べる動画レッスン!

パン レッスン 通信講座

そして、私が教室でお伝えしている“Ange流”生地のこね方や扱い方を身につけていただけるように、レシピを動画でご覧いただくことができます。

(レシピ動画は、Facebookを利用して閲覧していただきます)

 

「2〜3日たっても柔らかいパン作り」の一番のキモとも言える“生地のこね方”

それを、何度もじっくり見て学べるのは通信講座ならではの特長です!

特典2:「こね」の極意が身につきます!

パン レッスン 通信講座

一次発酵後の大きさから焼き上がりまでのスキルを身につけられたら、つぎは水分調整からこね上がりまで、一連の「こね」のスキルを身につけましょう。

 

「こね」は、2〜3日たっても柔らかいパン作りにおける“極意”とも呼べるスキルです。

 ぜひ、動画でじっくり学び、何度も実践していただいて「こね」の感覚やコツを体得してくださいね。

 

そして「こね」に関しては、別途有料にて動画での特別指導を承っております(1回1,000円)。

名づけて「こね動画クリニック」です。

 

「こね動画クリニック」をご希望される方は、スマホやタブレットで撮影した動画をYou Tubeにアップロードください。(非公開にすることが可能)

 

動画を拝見したうえで、問題点や改善点、上達のためのポイントなどをメールにて詳細に回答させていただきます。

メールでの回答例(実際に生徒様にお返事したものです)

まず、仕込み水を入れるところからスタートした動画はこね上がりまで20分のものでした。
無言で休まず作業をしていらっしゃいますので、結果的にはかなりこね過ぎになってしまっていると感じました。

では、どこがこね過ぎていたのかを具体的にYさんに向けてご説明します。
仕込み水を投入後、粉の調節もタイミングよくできていました。ダマもできずにできているようでしたね。高速回転後、繋がりはチェックしていましたが、粉がしっかり崩れて均一な状態になっているかもよく確認してくださいね。

動画を見て思ったのは、一緒にレッスンしたのはまだ一度なんですけど(大阪教室にて)、よく動画を観察して私の手の動きを見て真似してくれているなぁと感心しました。
バターの馴染ませ方も、生地が繋がってしまうような動きをせずにできていました(水分が確定するまでは繋げない)。これ、単純なようですが、繋がってしまう生徒さんがとても多いのです。

ここから加水です。まず1回加水し馴染ませ、2杯目もう1度加水してから伸ばしチェックをしていましたが、生地の緩みが全然きていないので、ここでは伸ばしてはダメでした(生地が繋がってしまい加水しても緩みにくくなる)。

その後、よくわからなかったからだと思いますが、加水をせずに続けて2回目の伸ばしチェックをしてしまい、端からクルクル生地がめくれてしまっていました。これは完全に繋がってしまった状態です。
そして、加水なくさらにもう一度向こうに押し付けるような伸ばしチェックをしてしまいましたね。もうすっかりボール状でした。

この後の5回回し×5セットする意味は何だったか覚えていますか? 生地がベタベタで繋がっていない状態から伸ばしごねに入ると台にはりついて傷めてしまうのを防ぐためでした。
でも、Yさんの生地はすでにまとまってしまいましたので、回しは飛ばさないとなりませんでした。

ここがまず第一のこね過ぎ箇所です。 生地状態に合わせて、通常の流れから外れた動きをする必要が時にはあるのです。 回しの作業をしてしまったことで、伸ばしごねスタート時には6割の生地状態となっていました(ほんとうは4割にすべきです)。

Yさんの伸ばし方ですが、行きは力の入れ方も幅も問題ありません。こねムラにならない力の入れ方ができています。問題は戻しです。伸ばした生地を巻き取るように低い位置で戻しているから生地が引っ張られて傷みます。今回は水分が少ないのでまだ戻りましたが、次回の大阪教室ではまた苦戦するはずです。私は遠慮なく水分を入れますからねぇ。 練習しておいてくださいね。

こねの見極めのタイミングが残念ながら合っていませんでした。3~5回伸ばしごねをして向きを変えるまでを1回とカウントしますね。Yさんの生地は6割から伸ばしごねをスタートしていまして、カメラから生地までの距離があったので細かい生地の質感までは読み取れなかったんですけど、7回こねたところがおよその8割だったんです。(本来はここでこねムラがないか、生地が強くなったか確認したたきごねです)

そして、8回・9回・10回とどんどん柔らかさが見えていて、11回の時には9割状態の伸び感がありました。(ここから8の字で仕上げに入るところでした) 12回の伸ばしごねでは、生地が柔らかいのでもう戻りにくくなっていましたね。

結局、15回16回あたりがこね上がりでした。 ですが、さらに伸ばしごねが続きました。17・18・19・20・21・22・23で伸ばしごねが終わりました。この時点でもかなり生地がクタクタしていましたが、ここからたたきが77回入りましてから八の字で終了しました。

たたきはスムーズな動きで上手だったんですけど、右手の生地の持ち方は次回のレッスンで確認したいと思いました。動きが早いのとカメラからの距離があってよく見えなかったんですけど、指だけで引っ掛けるのではなく、手のひらでつかんでいるように見えたので、たたきの中でも生地が傷んでしまっていた可能性があります。

翌日の状態のコメントはありませんでしたが、断面の画像を見せてくださり、底が詰まってしまったとありました。 これは、生地がこね過ぎて傷んでしまったため、発酵が上手く膨らみきれなかった可能性が高いです。二次発酵の膨らみ具合も大事です。

今後の課題: 水分調整の仕方と伸ばしごねの戻し方と生地状態の見極めを意識してレッスンしていきましょう! 参考にして頑張ってください。 どうもありがとうございました。

なお「こね動画クリニック」は、1動画につき1回とカウントさせていただきます

特典3:フォローもバッチリ!

パン レッスン 通信講座

さらに、Amebaのコミュニティー『グルっぽ』を利用して、パン作りについてのご質問や、課題レッスンのご提出などを受けつけております。

 

おわかりのとおり通信講座のレッスンは、講師の手を借りることができません。

そのため、仕上がりに自信が持てるようになるには、おひとりでくり返しパンを作り、改善しながら技術を身につけていただく必要があります。

 

そこで、改善点を見つけるための作業として、写真をお撮りいただくことを必須とさせていただいております(もちろんスマホなどで撮影していただければ結構です)。

 

写真は、一次発酵後から焼き上がりまでを撮影してください。

また、撮影の方法(被写体の距離や角度など)は、レッスン動画と一緒に掲載している画像を参考にしてください。

生徒さんからいただいたご感想

先生のパン作りは唯一無二

私は通信レッスン1期生です。先生のレシピで作れるパンの数も増えて、とても楽しくパン作りをしています。

レッスンに参加するきっかけは、以前からブログで先生の独自のパン作りを知っていて、とても興味があったからです。その頃の私は、自己流で10年位パン作りをしていましたが、自分のパンに満足できていませんでした。

でも先生の教室に通う事が出来ない、遠くに住んでいます。そんな時に先生の無料のグルっぽの募集がありました。

こんなチャンスは無いと思いながらも申し込むか迷っているうちに、定員に達してしまって募集が終わってしまったのです… 私はとても後悔して、次のチャンスがあったらすぐに申し込もうと決めました!そして今に至ります。

長々と話しましたが何が言いたいかというと、先生のパン作りは唯一無二だという事です。 ブログやfacebookで見られる動画で想像してまねして作れるものではありません。 私のように興味がある人は、とにかく申し込んで欲しいと思います。後悔しないように。

初めて作った体験レッスンのハムマヨパンを食べた時、衝撃と感動がありました。今までのパン作りでは作れなかったパンだったのです!

その後のレッスンも必ず新しい学びがあり、どのメニューも美味しいのです。先生のレッスンは丁寧で、以前のパン作りの考え方を変えるものです。 何より家族がパンが美味しくなった事に喜んでいます。

時間が無い時、大量に作りたい時など、先生のレシピではなく機械にパンをこねてもらう事があります。 でも子供達は今日は手ごね?と聞いてきます。 手ごねの先生のパンが美味しいからです。

まだまだ下手くそな私ですが、先生の作ったパンに近づけるように、この先もパンを作り続けます。

【フリークラス:H.Aさんより】

普通のパン教室に通うより身につけられる内容

講師になって、人に教えるためにはどうして硬いパンになるのか?とか、どうやったらパンが美味しく仕上がるのか?とか、いろいろな質問に答えていけるように、自分が理解をしていないと美味しいパンが焼けない!と思っていたので、Angeのパンを目標に頑張れました。そして、楽しめました。

通信レッスンだけど、先生が丁寧に疑問に対して返事をくれたり、仕上がりをみて一緒に考えてくれたりしたことがとても嬉しくてやる気もプラスされ、益々疑問追求心が加わりネットで調べたりもしながら失敗の原因を探りながらのパン生地作りを繰り返すことができました。

今思えば、入浴中も布団の中でも取り憑かれたようにパンのことばかり考えた生活をしていたなぁ…と思います。 子供にパンのことばかりでゴメンネと思ったりするけど、子供は案外私の思いとは逆で、美味しいパンを楽しみに学校から帰ってきたり、友達にあげたりして『〇〇のお母さんのパン、メッチャ美味しいねんで~!!(関西弁)』とみんなに言ってもらえることが嬉しかったりしたみたいです。

心から美味しいパンを作りたいと思っている方には、普通のパン教室に通うより身につけられる内容だと思います。 通信レッスンだけど、全国の同じ思いを持った方たちとも繋がりができ、一緒に学んでいける場だと思いました。

今、他にやらなければと思う事が山積みで、気持ちが散乱してパン作りに気持ちが集中出来ませんが、思い返すと本当に楽しかったし、自分に対してもすごかった!と感じたりします。改めて、平野先生 ありがとうございました。

【フリークラス:大手料理教室講師Wさんより】

海外在住でも日本のふわふわパンが焼ける!

通信レッスンを受講しています。受講の動機は、海外在住でも日本のふわふわパンが焼ける!事でした。

実際に通信で作ってみて驚きの連続でした。色々なレシピサイトとは違って【捏ね方が独特】で、毎回の改善で少しずつではありますが、本当に柔らかいパンが焼けるようになりました。

家族はパンが好きではないのですが食べてくれますし、私は毎日でも捏ねたいほど美味しいパンが焼けるようになりました。平野先生に感謝しています!

【フリークラス:アメリカ在住のF.Kさんより】

今まで焼いてきたパンとは別物

Angeさんの通信レッスンを受けはじめ、今はまだ初級の前半なので理想の仕上がりまではまだまだかもしれませんが、受講をはじめる前の独学の仕上がりとは雲泥の差で、やわらかく美味しく焼けるようになりました。

郵送されてくるレシピの他に動画サービスや、生徒のみなさんと先生の質問などのやり取りを全員で共有できる仕組みがあるので、とても分かりやすく勉強になります。

体験レッスンを受講して1回目に焼いた時点で、今まで焼いてきたパンとは別物でした!

【初級クラス:M.Tさんより】

『捏ね』だなぁ・・・パンは奥深いです

先日はありがとうございました。楽しい時間を過ごさせていただきました。

当日、翌日、翌々日と、作ったパンを食べてみました。 以前通信の動画を見て家で作ったパンとの違いにびっくり。やっぱり実際に習わないとダメだなぁ、と痛感。そして、先生のデモパンとの食べ比べ。食感は食べる前からわかっていたのですが、味の違いに驚きました。こんなに変わるものなんですね。

『捏ね』だなぁ・・・パンは奥深いです。

どうにか時間を作って、家でも練習しますね。大阪教室の次回レッスンが決まったとのこと。できれば参加したいと思ってます。

【大阪教室体験レッスンを受講された通信クラスのBさんより】

食パンの食感はいままで感じたことのない柔らかさ

お礼が遅くなりましたが、先日の大阪教室ありがとうございました。楽しかったです。通信では分からない色々なことが学べて収穫の多い1日でした。

食パンの食感はいままで感じたことのない柔らかさで、作っているときのだまだまがどうかな?と心配しましたが全然大丈夫でした。

大阪教室、毎回は無理でも出来るだけ参加出来るようにしたいなと…改めて思いました。 通信教室の方でも頑張って美味しいパン作りに励みますので、これからもヨロシクお願いします。

【大阪教室と通信レッスンにご参加のYさんより】

募集時期およびお申し込み方法

通信講座は、毎年5月ごろに体験レッスンのお申し込みを受けつけております。本年度は、4月半ば頃にご案内し、体験レッスン開始は5月半ばを予定しております。

ただいま、本年度受講をご希望の方に「仮申し込み」を受けつけております。

 

仮申し込みをしていただいた方は、開講のご案内を一般より先駆けて優先的にご連絡させていただきます。

仮申し込みは、下のボタンをクリックしてフォームに必要事項をご記入のうえ、お申し込みください。

「仮申し込み」は、こちらをクリック

どなたもまずは、体験レッスン受講となります。

体験レッスンからご入会までのながれ

体験レッスン受講後、継続して通信講座の受講を希望される場合は、ご入会となります。

 

通信講座では「初級コース→中級コース→上級コース」と、ステップアップして行けるカリキュラムをご用意しております。

生地タイプに合わせた水分調整の仕方やこね方、パン作りのスキルを習得していただくことができます。 

 

体験レッスンからご入会までのながれは、以下のとおりです。

  • (1)6月20日頃に、ブログ及びLINE@で「初級コース」のご案内をさせていただきます(申し込み締め切りは6月30日)
  • (2)入会ご希望の方は、月末までにクスパでのご予約と受講料のお振込みを完了させてください
  • (3)7月7日前後に、レシピと解説書を発送いたします
  • (4)7月16日に体験レッスンの動画から、初級第1回目の動画に入れ替えます

継続レッスンの受講料および、お申し込み方法について

  • 通信講座は、2ヶ月ごとに教材をお送りしております
  • そして2ヶ月ごとにお申し込みを受けつけており、そのつど受講料をお支払いいただいております
  • 受講料は、6,500円(2ヶ月分)です

受講のパスについて(ご注意ください)

初級〜上級まで、各コース2メニューまで受講のパスが可能です。

受講をパスされた場合、受講料はいただきません。

 

ちなみに、2ヶ月分のメニューのうちの1ヶ月分をパスされた場合の受講料は3,500円になります。

継続レッスンのながれ

初級コース第1回目以降、以下のながれで毎月レッスンを行なっていきます。

  • (1)毎月20日頃に、ブログでメニューのご案内をいたします
  • (2)受講をご希望の場合は、月末までにクスパでのご予約と、受講料のお振込みを完了させてください
  • (3)翌月7日前後に、レシピと解説書を発送いたします
  • (4)レッスン動画は、毎月16日に古い動画と新しい動画を入れ替えます

なお、上記に変更がある場合には、ブログにてお知らせいたします。

退会について

退会される場合は、必ず教室までメールでご連絡ください。

参考:フリークラスのごあんない

上級コースまで終了された生徒さんで、レッスンを継続されたい方は「フリークラス」にご参加いただくことができます。

 

フリークラスは、ご希望されるレッスンだけ受講することができます。

そのため、受講をパスされる場合は、お手数ですがそのつどご連絡ください。

 

ちなみに「フリークラス」は、初級~上級コースを受講中の生徒さんもご参加いただくことができます。

パン レッスン 通信講座

パン レッスン 通信講座

パン レッスン 通信講座

パン レッスン 通信講座

パン レッスン 通信講座

あなたの食卓にも、2〜3日たっても柔らかいパンを

パン レッスン 通信講座

Angeのパンのこね時間は“わずか10分程度”、そして約2時間で焼き上がります。

そしてこれまでお伝えしてきたように、ご家族が「今までとまったく違う!」、「柔らかい!」と驚くようなパンができあがります。

しかもその柔らかさは、翌日も翌々日もつづきます。

 

そんな、ご家族や大切な方が喜ぶパンづくりをお伝えできるよう、てごねパン教室Angeは日々パンの仕上がりと指導力を磨きつづけています。

ぜひそれを、あなたも通信講座で学んでみてください。

 

パン レッスン 通信講座

そしてその先に、お友だちからの「すごく美味しい!!また作ってね」という声や、お子さんに「パン屋さんのパンよりお母さんが作るパンの方が柔らかい」という飛び上がるような嬉しい言葉があなたを待っているはずです。

 

あなたの作るパンで、たくさんの方を笑顔にしてあげませんか?

それが「2〜3日たっても柔らかいパン」です。

 

ぜひ、私たちと一緒に楽しみながら作りましょう。

 

それでは、レッスンでお逢いできることを楽しみにしております。

最後までおつき合いくださいまして、ありがとうございました。

てごねパン教室 Ange 代表 平野 宏子

てごねパン教室 Ange 代表 平野 宏子

 

お申し込みは、ネットから承っております

ただいま、来年度受講をご希望の方に「仮申し込み」を受けつけております。

仮申し込みをしていただいた方は、開講のご案内を一般より先駆けて優先的にご連絡させていただきます。

 

仮申し込みは、下のボタンをクリックしてフォームに必要事項をご記入のうえ、お申し込みください。

「仮申し込み」は、こちらをクリック